カロヤンガッシュはまだ買うな!

ドラッグストアや薬局でよく見かける育毛剤のカロヤンガッシュ。薄毛に悩む人の中には、カロヤンガッシュに興味を持っている人も多いと思います。

ですが、

カロヤンガッシュはまだ買うな!

と忠告しておきます。薄毛に悩む僕も、このあいだまでカロヤンガッシュの購入を真剣に考えていました。

ですが、自分なりにいろいろ調べた結果、僕はカロヤンガッシュを買うのをやめました。

なぜなら、

・僕がカロヤンガッシュを使っても効果がない

・カロヤンガッシュは僕の薄毛には効かない

ということが判明したからです。

使用する育毛剤によって薄毛の状態は大きく左右されます。後で取り返しのつかない事態にならないためにも、カロヤンガッシュを購入する前に絶対知っておくべき事を以下にまとめました。

僕がカロヤンガッシュをヤメた理由

先に結論を言っておくと、僕がカロヤンガッシュをヤメた最大の理由は、

カロヤンガッシュには、抗男性ホルモン効果がない

からでした。

カロヤンガッシュに含まれる有効成分とその効果効能は以下のとおりです。

<カロヤンガッシュの有効成分とその効果>

■有効成分

カルプロニウム塩化物水和物、カシュウチンキ、チクセツニンジンチンキ、ヒノキチオール、パントテニールエチルエーテル

■カロヤンガッシュの主な効果効能

血行促進、血流促進・・・カルプロニウム塩化物水和物
頭皮の状態を整える・・・カシュウチンキ(皮脂量抑制)、ヒノキチオール(殺菌作用)
毛乳頭細胞活性化・・・チクセツニンジンチンキ

カロヤンガッシュの最大の特徴は、カルプロニウム塩化物を2%配合している点です。


カロヤンガッシュのパッケージ

カルプロニウム塩化物は、頭皮に流れる毛細血管を拡張し、血流を増やすことで毛根により多くの血液を行き届かせ、発毛を促進する効果があります。

カロヤンガッシュは高い血行促進効果が期待できる育毛剤であり、血行促進効果の高さがウリといえます。

その他にも、頭皮の状態を整える効果や、髪を作り出す毛根細胞である毛乳頭細胞を活性化する効果などもあります。

様々な育毛剤が存在する中、カロヤンガッシュは、ロキソニンやルル、プレコールといった医薬品を製造している第一三共ヘルスケアという製薬会社から発売されている事で、僕自身も好印象を持っていました。

カロヤンガッシュ自体、それなりに優れた育毛剤であることに違いはないと思いますが、最終的に僕はカロヤンガッシュの購入を見送りました。

僕がカロヤンガッシュを購入しなかった最大の理由が、

カロヤンがッシュに抗男性ホルモン効果がない

からでした。

残念ながら、カロヤンガッシュに抗男性ホルモン効果はありません。つまり、男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果がないということです。

カロヤンガッシュを頭皮につければ、確かに頭皮の血行は促進されます。頭皮には毛細血管が張り巡らされており、毛細血管の血流が改善することは髪にとってプラスな事です。

髪は、毛根の毛母細胞と呼ばれる細胞が細胞分裂を繰り返して伸びたものであり、毛母細胞は、頭皮を流れる毛細血管を流れる血液から栄養素を吸収して細胞分裂を行っています。

毛細血管の血流が改善されれば、より多くの栄養素が毛母細胞に供給される事になり、毛根の細胞そのものが活性化されることにつながります。

ですが、僕の場合、頭皮の血行を促進しただけではダメなのです。

頭皮の血行を促進する以前に、男性ホルモン対策を行う必要があったのです。

抗男性ホルモン効果、男性ホルモン対策が必要な人とは・・・

僕がカロヤンガッシュを買わなかった理由は、カロヤンガッシュに抗男性ホルモン効果がなく、カロヤンガッシュで男性ホルモン対策ができないからです。

僕の場合は、特に抗男性ホルモン効果を重要視する必要がありました。なぜなら、僕は遺伝的にハゲやすい家系に生まれたからです。

ハゲ、薄毛の原因というのは人それぞれです。男性の一般的なハゲ、薄毛の原因を挙げると以下となります。

・頭皮の血行不良
・頭皮環境の悪化
・毛根への栄養不足
・男性ホルモンによる影響
・ストレス
・薬剤による副作用

自分の薄毛の原因についてよくよく調べてみると、僕の場合は、男性ホルモンによる影響が薄毛に大きく関わっていることが分かったのです。

僕は、親父がハゲていて、父親方の祖父もハゲています。母親は全くハゲてはいませんが、母親方の祖父も薄毛でした。つまり、遺伝的にハゲる要素が満載な家系に生まれてしまったわけです。

「ハゲは遺伝する」とか、「遺伝でハゲる」とかってよく言われていることですが、それってどういうことかいろいろ調べてみると、遺伝子的に男性ホルモンの影響を受けやすい体質だということが分かったのです。

男性ホルモンというのは、男性であれば誰しも体内に流れているものです。にも関わらず、男性ホルモンの影響でハゲる人とハゲない人がいるのは、

・男性ホルモンの影響を受けやすい体質(遺伝的にハゲやすい)
・男性ホルモンの影響を受けにくい体質

の人がいるからです。遺伝的にハゲやすい人は、男性ホルモンの影響を受けやすい人です。

遺伝的にハゲやすい = 男性ホルモンの影響を受けやすい人

育毛剤というと、頭皮の血行を促進することにフォーカスしたものが多いですが、僕のように遺伝的にハゲやすい人は、男性ホルモン対策を重要視する必要があるのです。

男性ホルモンによる薄毛というのは、ハゲ方に特徴があります。前髪が生えている前頭部と頭のてっぺんである頭頂部のどちらか、または双方に症状が表れます。

<男性ホルモンの影響を受けている薄毛>

・前髪の生え際が後退するパターン(←僕の場合はコレ)
・前髪部分が局地的に薄くなるパターン
・頭頂部が局地的に薄くなるパターン
・頭頂部+前髪の薄毛が同時進行するパターン

後頭部と側頭部の髪は問題ないにも関わらず、前髪と頭頂部に症状が表れるのが男性ホルモンによる影響を受けている証拠なのです。(男性ホルモンが原因の薄毛は、医学的にAGA「男性型脱毛症」と呼ばれています。)

女性にも薄毛の人っていますが、女性の薄毛は男性のハゲかたとは違いますよね。男性ホルモンは基本的に関係ないので、前髪や頭頂部だけ局地的にハゲたりしません。

抗男性ホルモン効果、男性ホルモン対策が必要な人というのをまとめておくと、以下のようになります。

まとめ.  男性ホルモン対策が必要な人とは?

薄毛や抜け毛の原因は人それぞれですが、薄毛の根本的な原因が男性ホルモンであり、男性ホルモン対策が必要な人は以下の人です。

・遺伝的にハゲやすい家系に生まれた人

・前頭部、頭頂部に症状が表れ出している人

カロヤンガッシュを止めた僕が、次に選んだ育毛剤!

僕の薄毛は、男性ホルモンの影響をモロに受けているということが分かりました。いわゆるAGA「男性型脱毛症」ってやつです。

僕が選ぶべき育毛剤は、男性ホルモン対策ができる育毛剤であり、抗男性ホルモン効果が高い育毛剤だと分かったのです。

カロヤンガッシュは血行促進効果や毛根の活性化、頭皮ケアの効果がある育毛剤ですが、抗男性ホルモン効果がないことがネックとなり、購入は見送り、別の育毛剤を探しました。

片っ端から育毛剤を調べ上げた結果、僕が選んだのがチャップアップという育毛剤です。決め手になったのがチャップアップの抗男性ホルモン力、男性ホルモン対策効果でした。

チャップアップ以外にも、男性ホルモン対策ができる育毛剤はいくつかありましたが、抗男性ホルモン力はチャップアップが一番高かったからです。

そして、血行促進効果や毛根細胞の活性化、頭皮ケア力などの効果も高く、バランスの取れた育毛剤だったこともその選んだ要因です。

候補に上がった育毛剤(抗男性ホルモン力がある)はいくつかありましたが、僕が却下した理由は得られる効果に偏りがあったからです。

例えば、血行促進力は高いけど、頭皮ケアの効果がほとんどなかったり、頭皮ケアの効果は高いけど、毛根の活性化力や血行促進力が弱かったり・・・

高い抗男性ホルモン力がありながら、血行促進力、毛根活性化力、頭皮ケア力などの効果もそれぞれバランス良く高いというのがチャップアップの特徴です。

参考までにカロヤンガッシュとチャップアップで得られる効果をそれぞれ比較すると以下のようになります。

カロヤンガッシュとチャップアップの効果比較

<カロヤンガッシュ>

・血行促進効果・・・★★★★★
・毛根活性化効果・・・★★★★☆
・抗男性ホルモン効果・・・☆☆☆☆☆
・頭皮ケア効果・・・★★★☆☆
公式サイト→

<チャップアップ>

・血行促進効果・・・★★★★☆
・毛根活性化効果・・・★★★★☆
・抗男性ホルモン効果・・・★★★★☆
・頭皮ケア効果・・・★★★★☆
公式サイト→

カロヤンガッシュには、医薬成分であるカルプロニウム塩化物という成分が含まれており、高い血行促進効果が得られるのが特徴です。

一方のチャップアップにも血行促進効果のある成分は多く含まれていますが、カルプロニウム塩化物のような医薬品成分は含まれいないため、血行促進効果という面ではカロヤンガッシュのほうに高い効果が期待できます。

毛根活性化力や頭皮ケア力はどちらもそれなりに高く、さほど違いはないです。

ですが、

大きな差が表れるのが抗男性ホルモン効果、つまり男性ホルモン対策効果です。

残念ながら、カロヤンガッシュに抗男性ホルモン効果はないです。一方のチャップアップには、計8種類のもの生薬有効成分が配合されており、脱毛作用を働く悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があります。

男性ホルモンによる脱毛作用の原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を徹底的に抑え、同時にしっかり発毛効果も得られるという、僕にとって最適の育毛剤でした。

男性ホルモン対策以外の、血行促進効果や毛根細胞の活性化、頭皮のケアといった他の育毛剤に偏りがちな効果もそれぞれまんべんなく高いのです。

ということで、僕は最終的にカロヤンガッシュではなく、チャップアップを選びました。値段的には、カロヤンガッシュよりちょっと高かったですが、これ1本でトータルケアができるのであればそれほど高いわけではないですね。

中には、育毛剤を併用したりしてお金を散財したりする人がいますが、チャップアップは得られるそれぞれの効果が高いので、併用とかしなくてこれ1本だけで十分ですからね。

※僕はこちらでチャップアップを買いました→

世の中には様々な育毛剤があります。多くの人は、知名度とか、イメージとか、なんとなく効きそうとか、よく分からない理由で育毛剤を選んでしまっています。

ですが、大切な事は、まずは自分の薄毛の原因を知るということ。そして、その原因の対策に最も効果的な育毛剤を選ぶことだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする